買取カテゴリー

生物写真集

生物写真集の本・古本をどこよりも高価買取

バクテリアからヒトまで、百数十万種が被写体である「生物写真集」。
今なら、ブックマスターは生物写真集を含む写真集全般を買取強化しています!
多少スレがあるものでも、タイトルによっては高い値段がつくかも!?
「手数料」「梱包材」「送料」「査定料」など買取にかかる費用は一切「無料」です!
詳しくはTEL06-6265-0220まで!専門スタッフがお客様のご要望にお答えします!

生物写真集の名著紹介

地球動物記 (写真記シリーズ)

題名:
地球動物記 (写真記シリーズ)
著者:
岩合 光昭

世界を舞台に活躍する動物写真家、岩合光昭氏による写真集です。北極圏から南極圏まで世界中で撮影した写真の中から厳選した900枚の写真が掲載されており、動物好きにはたまらないのでは?

著者について

著者である岩合光昭氏は、動物写真家であった父親の助手としてガラパゴス諸島を訪れた際に写真家を志します。過去に発表した写真集「おきて」は世界中で15万部売上げ、また日本人として初めてナショナルジオグラフィックの表紙を飾るなど数々の実績を残しています。

著者略歴

1950年生まれ。法政大学第二高校、法政大学経済学部卒業。第5回木村伊兵衛写真賞。

生物写真集は写真撮影が難しい・・・。

 生物写真集は生物の数だけ被写体が存在します。犬、猫、うさぎといった小さな動物であれば撮影中に襲われても命に関わるダメージは避ける事ができますが、ライオンやトラなどの大型動物であれば1つ間違えればそのままエサになってしまう可能性があります。では、一体どのようにして撮影をしているのでしょうか?

 動物写真家の岩合光昭氏は「動物を撮影する際に一番難しいのは、距離感」と言っています。動物撮影は狩りに似ているとも語っており、一度間合いの取り方を失敗してまうとその後絶対にその間合いを詰めることはできなくなるそうです。

 同様に「ヒト」を被写体としている戦場カメラマンなども、この距離感を間違えば捕まって処刑されてしまう危険を持っていることから撮影対象の種別問わず、「間」という不確定要素の多い存在をいかに自分のものにするかが生物写真の成否に関わってくるようです。

そんな、「間」の技術が凝縮された生物写真集を「ブックマスター」で高く売って「間」の技術を磨きませんか!?書き込みがあっても大丈夫!詳しくは、TEL06-6265-0220まで!

買い取れないもの/値段がつきにくいもの

BOOKMASTERでは、一般販売されている商品全般を買取対象となっており、
多少の汚れ、日焼け、書き込みなどがあっても買取可能ですので、
お気軽にお申し込みください。

ただし、商品としての機能を果たさない程度の汚れ等につきましては、
減額の対象となり、場合によってはお客様負担にて、ご返送させていただく場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。

  • 古本

    買取できないもの
    • 百科事典
    • 古い辞書
    • 国内で流通していない洋書
    • コミック雑誌
    • 一般雑誌
    • 小中高校の教科書
      ※高校の参考書は可
    • コンビニコミック
    • 非売品
    • ISBNコードのないもの
    • 法律に違反するもの
  • DVD

    買取できないもの
    • 再生できない
    • 大きなキズがある
    • 8cmシングルCD
    • カセットテープ
    • レコード
    • EP、LP、LD、VHD
    • VHSビデオ
    • 海賊版
    • サンプル品、販促用のもの
    • 法律に違反するもの
  • ゲーム

    買取できないもの
    • プレイできない
    • 大きなキズがある
    • ディスク枚数不足
    • ユーザ登録済
    • 転売不可のもの(レジストID使用済みなど)
    • 海賊版
    • サンプル品、販促用のもの
    • 法律に違反するもの
    • 「ドラゴンクエスト10」のようなネットワーク通信を必要とするゲーム
売れば売るほど買取額上乗せ!

お申込みフォームはこちら

このページの先頭へ