買取カテゴリー

哲学書

哲学書をどこよりも高価買取

哲学書はいつまでも手元においておきたい書籍のジャンルの一つですが、 膨大な量の哲学書にお部屋を占拠されていませんか?
最近では、ハードカバーから文庫本サイズに、手元に置きやすいサイズに新装されている書籍も多いですよね。
これを機にたくさん集めた哲学書をブックマスターへ高価買取されてみてはいかがですか?

哲学書の名著紹介

題名:
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
著者:
マイケル・サンデル

「正義」「悪」。2元論に基いて構築されるキリスト教的価値観。「5人を助けるために1人を殺す」事は正義か悪か?パノプティコンという「監獄」の原型を考えだした功利主義者ベンサム。もし、あなたが5人を殺す事を選んだ場合それは功利主義に基づいた考え方です。

でも、もしその一人があなたの親、友人、子供、恋人だった場合でも同じ決断はできますか?

 ハーバード大学で開催されているマイケル・サンデル教授の超人気哲学講義「JUSTICE」。NHKでも放送された同講義待望の書籍化!

哲学とは自分に必要な価値観を構築する行為。

 哲学と聞くと、ニーチェ、カント、ヘーゲルといった哲学者の小難しい学問であると捉えられがちですが、老若男女国籍問わず人間一人一人が構築できるとても身近なものである事はあまり知られていません。

 簡単にいえば人間の頭に沸き起こる「なぜ?」を追求する学問であるとも言えます。「なぜ、世界はおかしいのだろう?」「なぜ、あそこは上手くいってこちらは上手くいっていないのだろう?」「なぜ生きているのだろう?」と一度疑問に思えば例え常識であったとしてもその思考対象となります。

 そして、哲学の最大の特徴は「正解がない」ということではないでしょうか。思考とは大きく個人に依存するものであり、例え世間で素晴らしいとされている価値観であったとしても、それを判断する個人が納得しなければその人にとっては何の価値もありません。そして、その逆もまた然りです。

 哲学を追求していくと、人間は楽しさ、感動、悲しみなど様々な感情を共有する事はできますが、人生までは共有する事ができない事に気が付きます。生まれ、育った環境、現在に至るまでの経験まで完璧に一致する人間はこの世に二人といないのです。

 そして、哲学的思考には挫折、孤独、苦しみが伴います。故にそれらを踏まえない哲学は他人からの借り物であり決して自分のものにはなりえないでしょう。そのため有名セミナーの講師が説明する万人受けを狙った飾り立てられた言葉よりも、資金繰りの苦しい中小企業の社長や飲み屋の小汚いおじさんのこぼす言葉の方が何倍も重みがあるのです。

本物の哲学とは哲学書や他人によらず自分自身にあったものを練り上げることです。お手持ちの哲学書を「ブックマスター」で高く売ってみませんか?書き込みがあっても大丈夫!詳しくはTEL06-6265-0220まで! 

買い取れないもの/値段がつきにくいもの

BOOKMASTERでは、一般販売されている商品全般を買取対象となっており、
多少の汚れ、日焼け、書き込みなどがあっても買取可能ですので、
お気軽にお申し込みください。

ただし、商品としての機能を果たさない程度の汚れ等につきましては、
減額の対象となり、場合によってはお客様負担にて、ご返送させていただく場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。

  • 古本

    買取できないもの
    • 百科事典
    • 古い辞書
    • 国内で流通していない洋書
    • コミック雑誌
    • 一般雑誌
    • 小中高校の教科書
      ※高校の参考書は可
    • コンビニコミック
    • 非売品
    • ISBNコードのないもの
    • 法律に違反するもの
  • DVD

    買取できないもの
    • 再生できない
    • 大きなキズがある
    • 8cmシングルCD
    • カセットテープ
    • レコード
    • EP、LP、LD、VHD
    • VHSビデオ
    • 海賊版
    • サンプル品、販促用のもの
    • 法律に違反するもの
  • ゲーム

    買取できないもの
    • プレイできない
    • 大きなキズがある
    • ディスク枚数不足
    • ユーザ登録済
    • 転売不可のもの(レジストID使用済みなど)
    • 海賊版
    • サンプル品、販促用のもの
    • 法律に違反するもの
    • 「ドラゴンクエスト10」のようなネットワーク通信を必要とするゲーム
売れば売るほど買取額上乗せ!

お申込みフォームはこちら

このページの先頭へ